2006年12月28日

洗われる

. 各地で大掃除のついでに洗われてしまう猫が発生している模様ですが
にこまるどのとか
凛太郎どのとか
むー嬢&グンどのとか
ヤマトも例外ではありません。

毎年恒例の年末のお風呂です。

方法もいつも通り。人間が入った後の入浴剤入りの湯にドボ漬けするだけ。
バスタオルで絞ってあげた後は、ヤマト自身の舌で2時間ほど頑張ってもらいます。
(ドライヤーかけたいけど、湯に浸かっただけでドキドキなヤマトは、きっと心臓止まっちゃいそう)

現在、夕食も忘れて必死になってなめなめしている最中です。
ふわふわのもこもこ状態もそう何週間も続くわけではないのですが、せめてお年始位はねぇ。
今夜の添い寝が今から楽しみです。
よく母上に「猫洗うバカ」と言われます…ちまき家オリジナルのことわざで「しなくてもいい事をわざわざするおろか者」と言う意味です。
posted by chimaki at 20:08| Comment(12) | TrackBack(1) | ヤマトのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

3年振りのサイト更新

にくきうくらぶの更新をしました。

実に3年振りです。

………ブログ始めちゃうと、どうしてもこうなっちゃうのかなぁ?

ヤマトの写真のページを2ページ増やしました。
よろしかったらどうぞご覧下さいませ。
posted by chimaki at 21:25| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年の首輪

. これが、11月のヤマト記念日に新調した首輪です。

ヤマトの首輪と言えば青か赤と決まっていたので、今回はそれ以外の色を選んでみました。
すると早速母上からクレームが…

「地味な色だねぇ。どうせならピンクとかよかったのに」

えぇ、えぇ、ピンクもいいなと手に取りましたよ。でも、魔が差して黄緑にしちゃったんです。
正直言って、失敗したなぁ、と思っております。
来年はピンクにするからね。

今回も鈴付きの首輪を買って来たのですが、あまり鈴が鳴らないのならなくてもいいかなと思って取っちゃいました。
すると、またまた母上が「鈴がないと寂しい」と言って、手持ちの鈴をつけてしまいました。
つけられてしまったのは、タロウの形見の鈴です。これがまた、うるさい位によく鳴ること。

………なくすんじゃないぞ!
(タロウが亡くなってから1〜2年は、庭から鈴が出て来たりしたもんです)
posted by chimaki at 21:20| Comment(4) | TrackBack(0) | ヤマトのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

訃報・まさお君

猫メル友からメールが飛んで来て、初めて知りました。

12月9日、ポチたまのまさお君がガンのために亡くなったそうです。
次回の放映で第一報が出て、年末のスペシャルで特集を組むそうです。
http://www.tv-tokyo.co.jp/pochitama/
http://www.tv-tokyo.co.jp/pochitama/masao061212.html

その優しさとバカっぷりは、うちでも毎週楽しませていただいていたので、ただただ冥福を祈るばかりです。
posted by chimaki at 14:02| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

7回目のワクチン

. 7回目のワクチンを受けに、病院へ行きました。

今年も「ワクチンと血液検査を」とオーダーすると、先代先生が一体何の検査をすればいいのかわからずに、カルテを見ながら固まってしまいました。
「いや『ご高齢なので』」と言うと「あぁ、健康診断ね」と先代先生がホッとしている…もしかして、健康診断代わりに血液検査をオーダーする人って、珍しい?

体重は6.40kgで、去年より650g増! 今年9月の血尿騒動の時よりも50g減でした。今年の年初からいきなり増え出した体重も、重いままで安定状態に入ったと思っていいのかな?

去年と違って、血液の採取は万全でした(それでも、先代先生とちまきと看護士×2の4名がかり)。
先代先生が内股から採取した後で、心配になって出て来た2代目先生が首から採取し、充分な量が確保出来ました。

結果が出るまでの30分の間に、3種混合ワクチンを接種。その後、ヤマトはちまきのひざの上に乗って来て、ずっと武者震いしていました。(ヤマトが緊張で震えるのは、初めて見たよ)
血液検査の結果
項目今年の値去年の値基準値単位意味
RBC820848580-1070×10000個/μl赤血球数
WBC1149160-180×100個/μl白血球数
PLT119203100-g/ml血小板
Hgb14.013.28-15g/dlヘモグロビン
PCV363930-45%赤血球体積率
MCV43.944.630-45fl平均赤血球容積
MCH17.115.612-18pg平均赤血球血色素量
MCHC38.934.932-36g/dl平均赤血球血色素濃度
TP8.08.45.1-8.0g/dl血清総蛋白
GLU1159771-148mg/dl血糖
BUN302517.6-32.8mg/dl尿素窒素(腎臓)
Cre1.61.10.8-1.8mg/dlクレアチニン(腎臓)
GPT6210522-84IU/lトランスアミナーゼ(肝臓)
Alb3.33.22.3-3.5mg/dlアルブミン(肝臓)
ALP10550以下38-165IU/lアルカリホスファターゼ(肝臓)
TCol207-89-176mg/dl総コレステロール

腎臓の値が気になる所ですが、それでも「歳相応だろう」との所見。コレステロールが高いのも「緊張のせいかも知れないね」との事でしたが(ひょっとしてモンプチ食ってるせいかも?)…
結果を見る限りは、とにかく至って健康だそうです。

ただ、9月に結晶詰まりで血尿をやっているので、先代先生はその事をしきりに気にしていました。「本当は尿検査が出来るといいんだけどね」と言いながら、ちまきに試験管を渡して尿採取に挑戦する様に命じて来ました。

去年は思わず脱糞してしまったヤマトですが、今回はそんな粗相もなく立派なもんでした………と思ったら、待合室で会計をしている途中で、ヤマトの様子が急変。待ち切れずにとうとう失禁してしまいました。ちまきは、とっさにもらったばかりの試験管をヤマトの尻に差し出し、めでたく大量の尿が採取成功!
搾りたてのホカホカの尿はそのまま先代先生の手に渡り、ヤマトはさらに30分待たされる事になっちゃいました。

尿検査の結果
  • 結晶のかけらがわずかにある。(問題にするほどではない)
  • 細胞のかけらが見られる。(膀胱炎でしょう)
  • 比重は、測定器で測れないほどに濃厚。(もしかして1日中おしっこ我慢してた?)
体調を崩すと膀胱炎になる事が昔からあったのですが、風邪引きによる一時的なもだとばかり思っていたら、何と持病だったのですね。
尿がとても濃いので、結晶が出来やすい体質なので、何か策を講じないと必ずFUSを再発するだろうと言われたものの…病院の療養食は強烈な便秘になるので遠慮しておきました。

追加の会計を払って「帰るよ」と声をかけると、ヤマトの嬉しそうな事。帰りの車の中ではすっかり平静になっていました。

今回の病院代は
再診料600円
3種ワクチン5,200円
血液検査6,300円
尿検査1,000円
合計13,100円
いつもは初診料なのに、今回は9月に受診してるから再診扱いなのかな?
posted by chimaki at 20:57| Comment(3) | TrackBack(0) | ヤマトのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする