2007年04月09日

フクちゃんお留守番に挑戦

現在フクちゃんは8畳間に幽閉している状態です。
ちまきは自宅にいれば時々は顔を出してフクちゃんの様子を見ます。日に1回程度は、まとまった時間を使って相手をします。

多分、日長一日退屈じゃないかな、と思います。外出から帰って来ると、2階の窓からフクちゃんが外の様子を眺めているのを、よく見かけます。

これまでは丸一日家を空ける事はなかったのですが、昨日は始発で旅立ち終電で帰って来たので「フクちゃん初めてのお留守番」です。

おとなしく留守番出来ているかどうか、それともとんでもない事になっていやしないか、心配しながら帰宅てみれば、…部屋にはカリカリが散乱していました。
どうやら、暴れてカリカリのお椀をひっくり返してしまった模様。

ヤマトはそれほど暴れないのですが、やっぱりヤマトと同じで寂しん坊なんだな、と実感。
飼い主を亡くした子は、どうしてもこうなっちゃうのかな?
そろそろ里親募集のチラシを作ろうかと思います。


posted by chimaki at 10:07| Comment(2) | TrackBack(0) | フクのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

フクちゃんヤマトと会う

フクちゃんがウィルスキャリアではないと言う事がはっきりしたので、ヤマトと会わせてみる事にしました。

………前途多難かも………

ヤマトのいる1階居間にフクちゃんを放ってみたのですが、ヤマトが唸る唸る。
フクちゃんは部屋を探検してみるのですが、ヤマトに唸られると、唸り返す。

互いに一定の距離以上にはお近づきになれません。

互いのストレスが心配になったので、1時間位でお見合いを終了し、フクちゃんは再び2階ちまき寝室に軟禁となりました。

その後…
ヤマトはと言うと、ちまきにべっとりくっついてしまっています。
フクちゃんも、対抗心があるのか、ちまきにすりすりしています。

はたして慣れるものなのか、どの程度で慣れるものなのか、慣れるまでの経緯がどうなのか、多頭飼い経験者の皆さんに教えていただきたいです。
posted by chimaki at 20:42| Comment(4) | TrackBack(0) | ヤマトのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フクちゃん病院に行く

. フクちゃんもそろそろちまきに慣れて来たので、捕獲して詰め込んで、病院へと連れて行きました。
(フクちゃんが使っていたキャリーは大乱闘の際に破壊されてしまっていたので、今朝、新しいキャリーを買って来たのであった)

目的は、ウィルス検査とワクチンの相談など。

とても不機嫌なフクちゃんは「噛みつかれるかも知れない」との理由でエリザベスカラーを装着されてしまいました。
診察台の上に仰向けに寝かせられ、初代+二代目+看護士+ちまきの4人がかりで、太ももから採血しました。

体重 5.95kg
FIV(エイズ) 陰性
FeLV(白血病) 陰性

今は、FIVもFeLVもひとつのキットで調べる事が出来るのですね。(その分、お安くなるのかな?)
ワクチンについては、引っ越し直後は体調の変化も激しいので、しばらくして落ち着いてからor里親が決まって里親宅でしばらくして落ち着いてから、と言う指導となりました。

で、二代目先生は、フクちゃんの太り方について気にしていました。
確かに、背中は骨が触れるのに(皮下脂肪がないのに)おなかがぽんぽこりんなのは、普通じゃない太り方だ、と言う事なんです。
食欲がおう盛&水を多飲していないので、病的なものではないかも、との見立てでしたが、今後は要観察と言う事になりました。(エサを色々と試してみよう、との指導でした)

本日のお会計
検査代 5,200円
計   5,200円

初診料がないのは、ちまきの飼い猫ではないから、オマケしてくれたって事なのかな?
posted by chimaki at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | フクのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

フクちゃんレポート 7日目

. 昨日あたりから、部屋の扉を開けてもフクちゃんはベッド下に潜り込むのを踏みとどまれる様になり、今日になったらちまきを出迎える様になりました。

これでようやく、場所にも慣れてくれたかな、と言う感じです。
ちまきが部屋を出ようとすると、一緒に出ようとし、ちまきが「ダメだよ」と言って阻止すると「言っちゃうの?」と言う顔つきでちまきを見つめて来ます。

で、慣れて来たフクちゃんなんですが、こいつ、とてもやんちゃです。
あちこち探検しまくって、ちまきはやっぱり寝不足に…
今朝なんかは、水入れのお椀をひっくり返されました。

お尻を舐めようとして腹がつかえて届かずに転がってしまっています。小太りなんかじゃありません、肥満体です。
ダイエットした方がいいんだろうかと思って、カリカリが空になっても放っておいたら、やかましくて仕方ありません。
posted by chimaki at 15:26| Comment(6) | TrackBack(0) | フクのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

リンクス・ティップ

. フクちゃんの両耳に飾り毛が生えています。
2
何でもこれは「リンクスティップ」と呼ばれる毛なのだそうです。「山猫ちっくなちょろ毛」って意味になるのかな?

丸い目に丸い顔、耳と耳の間は狭く、なおかつ耳はとても大きくて…端正の取れた顔つきで、ただでさえハンサムな上、この飾り毛がワンポイントになっていて、これがなかなカッコいいのです。

でかい体格や極太手足も相まって、何かの品種の血が混ざっているのかなと調べてみたのですが…
  • メインクーンを短毛にしたらこんな感じ?
  • アメリカンボブテイルにも似ている?
  • 顔つきは立ち耳スコって感じ?
調べてみても、やっぱりちょっとよくわからなかったです。普通の和猫でも飾り毛は普通なんでしょうかねぇ?
posted by chimaki at 12:21| Comment(7) | TrackBack(0) | フクのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。