2007年12月23日

フク捜索 17日目

朝までには雨が上がって、午前中は絶好の猫捜し日和。午後から曇り出し、夕方から再び雨が降り出しました。

午前中にミニ団地の方をちまきが捜索をしました。
今日は2にゃんを目撃…今日会った子はいずれも外出自由な飼い猫っぽいです。

やっぱりこの団地は猫がいっぱい。

午後からは、追加のビラを刷るためにずっとプリンターにつきっきりです。


posted by chimaki at 21:59| Comment(3) | TrackBack(0) | フクのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日

フク捜索 16日目

午前中はおだやかな曇り空だったものの、午後からは雨の1日です。

夜なべして300枚をプリントアウトし、昨日情報をもらった場所から半径70mほどにビラをまきました。

そこはミニ団地なもんで、150m四方でも300軒にもなります…300枚ポスティングすると、3時間もかかるのね…

明け方だと言うのに、3にゃんと遭遇。やっぱりこのエリアは猫が多いです…て言うか、どいつもこいつも立派な巨猫。せっかくビラには「フクは巨猫」だと書いたのに、これではフクの巨猫ぶりが目立たないではないですか。

午前中のいい時間になってしまい、猫探索するにはちょうどいい時間になったものの、疲れちゃったので、そのまま帰宅しました。

ビラをまく際に、玄関先にカリカリと猫缶をてんこ盛りして出している家があるなと思っていたら、何とその人から電話がかかって来ました。

その人は、地域猫ボランティアさんでした。
ちまきがその家にビラを入れた事によって、その内容がニュータウン内の仲間達に伝達されて行ったそうです。

ボ「虚勢はしていますか?」
ち「はい」
ボ「ああ残念。タマタマ付だったら、心当たりがあったんだけど」

どちらにしろ、ようやく地域猫ボランティアさんと出会えた事で、今後の捜索がグッと楽になります。

午後は雨降りなので、捜索はせずに、紙とインクの買い出しに出かけました。
posted by chimaki at 17:38| Comment(5) | TrackBack(0) | フクのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

フク捜索 15日目

今日は午前中がいい天気で夕方になるにつれ薄曇りに。比較的暖かい1日でした。

午前中にいつもの住宅街を捜索。
その際、18日に電話をくれた人と会う事が出来たので、あやふやだった情報の内容について確認をしました。

目撃場所は失踪地点から東へ200mの場所で、目撃日は失踪日の翌日。「庭を歩いて行った」と言うものでした。
集会所での寄り合いで猫の話題となり「その猫なら」と言いだした人がいて、その人から聞いた話としてすぐに電話をくれたそうですが…

「大きい猫」と言う点では特徴は合っているのですが、失踪翌日に200mも離れた場所を堂々と歩いているものなのかなぁ、と。
18日に電話をもらった時に捜索した地区よりも、さらに道1本分向こう側でした。

そうなると、フクは失踪直後はこもっていたのではなく、最初からかなりの距離を移動していた事となり、2週間も経ってしまっていては「もう捜し様がない」状態になっている事になる…

どうしたものかなぁ、と悩んでいると…

お昼時に電話が入りました。
「2時間前に見た」と。

場所は失踪地点から南へ200m(公園の端からは50m)の地点。
この場所、失踪地からちまき家へそのまま200m近づいている事になります。(ちまき家からは500mになる)

「あんな巨大な猫、見た事ない」と言う点で、特徴は一致。
「太っていたよ」「元気そうだった」って言う事は、ちゃっかりとノラ生活を頑張っているって事なのかな?
この地区も、まだ捜索が手つかずで、ビラもまいていません。

通報してくれた人は、わざわざスーパーまでビラを見に行ってちまき家の電話番号をメモして来たそうです。それで通報が2時間遅れになっちゃって…

通報を受け、ちまきが捜索しました。

この場所は、2階建団地(庭付戸建風味な団地)が並んでいる場所で、隠れる所がとても多いです。人口密度もとても高いので、エサをくれる人もいるかも知れません。
それに、失踪地区の住宅街と比べて、明らかに気温が高い。
ちまき家と失踪地区とを比べても、失踪地区の寒さは骨身にしみるほどなのですが、そのちまき家よりも、今回の発見地区の方が暖かかったです。

この地区を選んだフクの選択は、正解だなぁ、と実感しました。
方角も、ちまき家に確実に近づいているし。

とりあえず今日は、フクのトイレ砂を2個所にまいておきました。

相変わらず他猫の可能性もあるのですが、これまでと違って新鮮な目撃情報だと言う事もあるので、今、この地区に配るビラを印刷している所です。
捜索場所も、今までの失踪地から、こちらに移ろうと思います。
posted by chimaki at 18:39| Comment(4) | TrackBack(0) | フクのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

フク捜索 14日目

曇ったり晴れたり、コロコロと変化が忙しい1日でした。

母上が早朝に、ちまきが夕方に捜索。

出会ったおばちゃん曰く
「猫を捜すなら午前中でしょう」
この季節の猫達は、午前中にひなたぼっこして、午後にはこもっちゃうと言う生活パターンらしいです。

まぁ、確かに今まで猫と出会ったのは、10時〜11時台の捜索の時だけだったりする。
おばちゃんも、それ以外の時間で猫を見た事がない、と言うので…

隠れているフクを捜すのではなく、うろついているフクを捜す時期になって来ているので、これは一利あるかなぁ。
posted by chimaki at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フクのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フク捜索 13日目

日付は昨日ですが…

天気がよく、ポカポカ陽気な1日。それなのに全国ニュースでは「寒かったですねぇ。今年一番の冷え込みですねぇ」と盛んに言っていて「寒いのは東京だけじゃボケ」と突っ込み入れていました。

母上が明け方に、ちまきが昼と深夜に探索。

フクが一番暴れまくっていた午後11時〜0時頃を狙ってみましたが…あんな寒空を猫が闊歩しているわけがない、と思いました。
もう数日ほど、他猫でもいいので猫を見かける時間帯なのかどうか、試してみるのもいいかなとは思いますが。
posted by chimaki at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | フクのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。