2008年06月21日

ヤマト発熱

おととい辺りから何か変だなと言う気はしていたのですが、昨日の昼辺りから「これはやっぱり調子が悪いんだろうな」と思う様になりました。
ずっとカゴの中で丸まったままで、動こうとしない。

夕飯の時間になっても1階に下りて来ようとしないので、この時点で「普通じゃないな」と言う事が確定。
母上に訊くと「朝食も食べてないんじゃないかなぁ?」

トイレ通いと言うわけではないけど、トイレに入って何もせずにぼう然としている様子が時々見られるので、また糞詰まりかなと思ったものの…
いきみゲロをする事もなく、固まり1コを産んだりするんで、便秘ってわけでもなさそうだし…
そう言えば1日オシッコをしていないかも?

と言うわけで、徹夜で看病して、今朝一番で医者に行ってみました。
高齢猫故、いつ何があってもおかしくないので、念のために大事を取る事にしました。

今日も親子医者が揃っていましたが、2代目はもう片方の診察台の方にかかり切りで、先代に診てもらいました。

まず診断は「頑固な便秘」
オシッコ詰まりではありませんでした。「オシッコが出ないのは、飲んでないからだろう」との事。
浣腸をして、3日分位を産んでもらいました。それだけ出して「もうカラッポだね」との事。

「ちょっと熱っぽくない?」とちまきが言うと「触診では熱はないけどな」
念のために熱を測ろうと言う事になって…先代先生「あれ?」とか言いながら3回測り直す。
「40.3℃あるねぇ…」

食欲が出る注射と、念のための抗生物質の注射をして、抗生物質の錠剤をもらって帰宅となりました。

原因がわからないまま、様子見と言う事に。

風邪でも引いたかな?

出す物出してスッキリしたのか、ヤマトはちょっとだけ元気が戻った感じですが、それでも寝てばかりで何も口にしようとしません。
おなかが空いたと訴えるので食事を差し出してみたんですが、食事を目の前にしてぼう然と立ち尽くすだけです。
それ以前に、全然水を飲まないと言う事の方が怖いかも。

不安なのか、部屋に1人になると、しきりに鳴いて人を呼ぶ様になりました。昨日1日は全くしゃべらなかったから、それだけでも進展って感じかな?

熱は…40℃よりも下がってはいるのですが、まだ油断出来ません。

この調子だと、今晩も看病か?

今日の医者代
初診料 1,200円
注射×2 3,200円
浣腸 2,000円
お薬 600円
―――――――――
合計 7,000円


posted by chimaki at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤマトのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伸びたり丸まったり

ついに猫が伸びる季節になっちゃったんだ〜
…と思ったら、まだまだ丸まる日もやって来ます。

寒暖の変化が激しく、猫達も開いたり閉じたり、大変そう。

6/18
.
.

6/20
.
.

猫用こたつ、まだまだ片付けられません。
posted by chimaki at 02:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤマトのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

便秘

. 何だかもぉ、ヤマトと言えば便秘ネタって感じになっちゃってるけど…

ここの所ずっと快調だったんですよ。

でも、昨日は便所で絶叫しているもんだからビックリしてしまって。

ちまきはすぐに浣腸する事を提案したのですが、母上が「いきみゲロをしないし、摘便しようとしても引っ込むから、まだまだ余裕。浣腸はもっとため込んでから」と主張しなさるので喧嘩となり…
結局はちまきの「軽いうちに浣腸してスルリと出させた方が負担にならない」と言う意見が通り、10ccほど浣腸させていただきました。

て言うか、快調かと思っていたら、母上が摘便していたのかよ。

で、ちまきの予想通り、浣腸直後にスルリと出ました。
出るわ出るわ、その量、約10日分か?
「このちっちゃい体のどこに入っていたんだ?」と思う位に。

いつもの七転八倒もなく、あっけないほどスルリと出たので、早めの浣腸と言う選択肢も大切なんだなと言う事を学びました。
# 浣腸は習慣性があるので、最後の手段にしたいと言うのがあるんだけどね。その辺の兼ね合いが難しそうだなぁ。

スッキリしたヤマトも満足気で、この写真の通りでした。

多頭飼いになると、各々のウンコやオシッコの頻度なんかがわかりずらくなるってのがあるのですね。
おそらく、フクが来る前だったら、10日分もため込む前に「おかしい」と気がついたんじゃないかなと思います。
posted by chimaki at 22:21| Comment(3) | TrackBack(0) | ヤマトのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

動くフク

猫ションされてしまったデジカメがその後どうなったかと言えば、1台は無事に復旧しました。
もう一台は、直撃を食らっており中にまで猫ションが浸透してしまっていたので、苦労しました。組立分解を繰り返すうちにフィルム基盤が破損。フラッシュをoffに出来なくなってしまいました。

そのカメラ、もともともらい物だったと言う事もあり「フジで一番使いにくい」と言う悪評高い機種だったと言う事もあり…「新しいの買っちゃおうかな」とか思い立って別のを買って来てしまいました。
中古屋で3,000円のなんだけどね。

新たに買ったのが、ダメにしてしまったカメラの姉妹機(同時に発売された、グレードがひとつ下の機種)でした。理由は…今まで使って来たメディアや電池や充電器がそのまま使えるから…

動画機能がついていたので、テストも兼ねてフクを撮影してみました。

フクは、1日のほとんどをこうやってヒモ猫として庭で過ごしています。そんな日常のひとコマと言う事で…
posted by chimaki at 11:59| Comment(3) | TrackBack(0) | フクのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。