2006年06月12日

キウイ

[キウイの枝の上でくつろぐヤマトの図]キウイの枝か節操もなく延びてしまったので、剪定しました。

そしたら案の定、ヤマトは早速、集めたキウイの枝の上に陣取って動きません。


posted by chimaki at 19:03| Comment(6) | TrackBack(0) | ヤマトのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キウイの枝って またたびみたいらしいですネ
昔 家の子達も 枝を切ってあげると 
カジカジしてましたっけ〜
Posted by てんてん母 at 2006年06月12日 22:22
ブログ読んでくれてありがとうございます。
初めまして私、夢です。黒猫さんの日記ですかぁ。
和むなぁ。
Posted by 夢 見付太 at 2006年06月12日 22:34
てんてん母さん>
キウイはマタタビ科なので、よその猫も引き寄せられてしまいます。おかげでヤマトのストレスも溜まる一方なんですが…

夢さん>
私はあなたのブログを知らないです。
どうやら新人さんの様ですが…コメントspamやトラックバックspamには気をつけて下さいね。
Posted by たつもとちまき at 2006年06月13日 05:24
こんにちわ〜
キウイがマタタビみたいな効果があったなんて知らなかったです〜

昔はキテイもマタタビに酔いしれて、ふにゃふにゃになってたのに、歳が重なるにつれて、あまり効果が無いような気がします…
人間みたく、酒に強くなるように猫にもマタタビに強くなるってことは?あるんでしょうかねぇ…(笑
Posted by キティ at 2006年06月13日 10:26
キウイの葉っぱって大きいですね。ヤマトさん、楽しそうですね〜。うちも植えてみようかな、キウイ。ベランダというか、プランター園芸ですけど(笑)。

キウイの葉を乾燥させて粉末にしたら、普通にまたたびの粉みたいになりそうですね。そしたらヤマトさん、1年中ごろごろできるでしょうか? うふふ。
Posted by さだ at 2006年06月13日 13:37
キティさん>
タロウはマタタビにあまり関心がなかったのですが、ヤマトは目の色が変わります。
個猫差がとても大きいみたいだし、年齢によっても違うみたい。

さださん>
キウイは「木」です。しかも、かなりでかいです。(ブドウやフジみたいな感じ)
庭の半分位はキウイの根に侵されている様で「もぉ何とかしたいっ!」と母上は言っています。
Posted by たつもとちまき at 2006年06月13日 22:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。