2006年09月14日

ハンスト

大変な思いをした後なのか、いつにも増してとても甘えたさんになってしまったヤマトです。
おかげ様で、すっかり普通になりました。(投薬時の戦いは当分続きそうですが)

ただ、食欲がありません。

…と言うか、療養食が気に入らない模様。

ヤマトは猫缶で育てられたらしく、根っからの猫缶派でした。
うちに来てからは「将来、老齢で病気になった時でも食べられる様に猫缶を」「歯の健康を保つためにカリカリを」と言う方針から、両方を均等に与えていました。
朝晩に猫缶を与え、カリカリを置き餌にしていたのです。
缶は、ゼリータイプが嫌いなだけで、その他のは何でもよく食べます。
カリカリは、えり好みがあるのですが、どの銘柄がいいのかは、年齢と共に変化している感じです。

それを突然、療養食カリカリオンリーにしてしまったのです。
朝晩の楽しみがなくなり、ヤマトは大変に怒っています。ハンストを決め込んだらしく、カリカリもほとんど口にしなくなりました。(ちょこっとだけ、合間を見て口にしている様なので、食欲がないわけではないらしい。明らかにカロリー不足なんだけどね)

おかげでうんこも出ません。

母上曰く「ハンストで飢え死に出来るもんなら、やってみろ」なので、ヤマトが根負けするまで続ける事になりそうですが…まぁ、肥満に悩んでいた所なんで、ちょうどいいかな?

そんなに療養食が嫌なのかと思ってちまきも食べてみたのですが、確かに不味いですねぇ。
他のカリカリと比べると味がとても濃い上に、何か変な酸味もありました。


posted by chimaki at 09:01| Comment(12) | TrackBack(0) | ヤマトのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ありゃりゃ〜。ヤマトさんハンストですか! ほんと賢いなぁ。「大変に怒っています」というのになんだか笑ってしまいました。なんか、ご飯のお皿を前にしてむっつりとしてしっぽをぱたんぱたんしている姿を思い浮かべちゃったんです。

療養食って味が薄いのかと思ってました! 逆だなんて意外です。酸味?! なんでしょうね? それはいやがるかもしれない…。療養食ってその一種類しかないんでしょうか。う〜ん…。
Posted by さだ at 2006年09月14日 10:26
ちまきさん味見をしたんですか!!でも大事な事ですよねぇ。そしてどんな味かも気になりますし…
ヤマト君根負けして食べてくれるといいですね!
Posted by キティ at 2006年09月14日 10:40
ヤマトちゃんハンスト中。。。
根負けして食べると少しは食欲もウンチも早くなるんですけどね。。。
でも、大事なことですけど味見はすごいですね。
Posted by かお at 2006年09月14日 23:17
ヤマトちゃん大変でしたね。
痛みが取れて良かったね。
チビも小さい時今から思えば石もあったのかも知れませんが
膀胱炎の経験があります
おしっこをする時痛いのでしょう凄い声で暴れていた事思い出しました
それ以来カリカリは病院で低PHのを与えています
食が少ないとうんちが出ないのでそれも心配ですね
Posted by murasakiiro at 2006年09月15日 18:32
ヤマト君 快方に向かってよかったぁ〜♪
彼らは喋れないだけに不憫です。
ただお喋り出来たら憎たらしいでしょうけどね。
【療養食】 人間で云う糖尿病の献立みたいなものでしょう。
【ハンスト】 ちまきさんがもっと美味しいネコ缶くれるの待ってるでしょうね。
但しネコまたぎ(魚肉・・・)はあげないでね(笑)
Posted by こふちゃんの同居人 at 2006年09月17日 12:39
ヤマトちゃんたいへんだったんだにゃぁ・・・・
お薬時間差でペっていうの
わかる わかる〜〜〜
喉の奥まで突っ込まないと うまく吐き出すのよねぇ?
賢いねん!
フード食べてみはったんや?
脱帽ですにゃ!
お大事にねぇ
Posted by Nekomata at 2006年09月19日 14:30
さださん>
ヤマトは怒ると、黙ってこっちをにらみつけるんですよ。それはそれは怖いです。

キティさん>
カリカリなら、大抵は口にしてみています。猫缶はまだ未体験ですけど(多分、猫缶の方が美味なんだろうなぁ)

かおさん>
あまりに宿便すると、それこそ固くなってしまうので、その点が心配だったのですが、無事に便通しました。

murasakiiroさん>
ヤマトの場合はウンコしようとして唸りながら力むんですよ。小水の痛みの方は、唸る様な事はなかったんですが…

こふちゃんの同居人さん>
それでも相手は畜生なので、母上の「ハンストで飢え死に出来るもんならやってみろ」は当たっていた様です。

Nekomataさん>
薬飲ます時の抵抗は非常に強力なものでしたが、それでもこちらが怪我する事はなかったので、ヤマトも抵抗のみで相手に危害を加えない様にと言う事までは頭は回っていた様です。
Posted by たつもとちまき at 2006年09月19日 21:30
こんにちは。

先日は、ポチッとありがとうございました!!

ヤマトちゃんその後、体調はどうですか?
食べないと心配になりますよね

私とうちの子達は、フードの臭いに敏感なので
飼い主が、このフードの臭いは好みじゃないな
と、思ったフードはネコ達も絶対食べないんです
(中には、フードの臭いを嗅いだだけで砂をかく仕草をしたフードも・・・)

それにしても、ヤマトちゃん
うちの白ブーより重いのね、ビックリ!!

Posted by ともまま at 2006年09月25日 19:23
療養食が不味いのは人間も猫も同じなのですね。お大事に・・・
Posted by 内部正明 at 2006年09月26日 19:18
ともままさん>
今年に入ってからどんどん重くなりました。去年はどんどん軽くなってしまって心配したんですけどね〜

内部正明さん>
おかげさまで、ヤマトは4日ほどで音を上げ、療養食も食べる様になりました。
Posted by たつもとちまき at 2006年09月27日 10:37
食べるようになったんですねぇ〜
よかったにゃ
Posted by Nekomata at 2006年09月27日 11:53
Nekomataさん>
母上が言った通り、畜生がハンストで飢え死にできるわけがない、と言う事みたいですね。
Posted by たつもとちまき at 2006年10月01日 22:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。