2007年03月30日

フクちゃんレポート 2日目

夜中の3時にごそごそと這い出して来たフクちゃん。
フクちゃんを入れて持って来た段ボール箱に、自分から入って行き、なーなー鳴き始めました。
「元のおうちに帰りたい!」って感じでしょうか?

ちまきの存在を気にせずに、自由に部屋を探検してもらおうと思って、ちまきはしばらく部屋を出る事にしました。
1階でヤマトを抱いてうとうととしていると、2階からはドスンドスンとかなり激しい音がしていました。

数時間ほどして様子を見に行くと、フクちゃんは再びちまきのベットの下に潜り込んで、ろう城を再開してました。

でも、カリカリを食べた跡、トイレを使った跡、段ボールで爪とぎした跡がありました。
断食ろう城するつもりはないらしいと言う事で、一歩前進と言う所でしょうか?

その後、フクちゃんは今の時間に至るまで、ろう城し続けています。

で、この一件でわかったのが、フクちゃんは猫缶を食べない(カリカリオンリー派?)と言う事と、段ボールで爪とぎすると言う事でした。
そう言えば、故人宅に爪とぎ器のなれの果てが置いてあった様な(その時にはそれが必要だと言う事に全く気がつかなかった)…すでに処分されちゃってるだろうなと思って、今日はホームセンターで段ボール爪とぎ器を買って来ました。

一方、ヤマトですが「誰かがうちに居る」と言う事はわかっている様です。でも、いつも通りご近所猫が庭を侵犯したのだとばかり思い込んでいる様で、しきりに「外に出せ」と要求して来ます。


posted by chimaki at 20:33| Comment(2) | TrackBack(0) | ヤマトのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とりあえず日常生活してる様子ですね〜
よかったにゃ
慣れ過ぎても次に行く時可愛そうだし困ったね〜
盲導犬のホストファミリー(?)の気持ちがわかるにゃ
Posted by Nekomata at 2007年03月31日 10:08
Nekomataさん>
猫メル友からも「せっかくなついた所でまたもや別の飼い主の所に連れて行くのは、可愛そうだ」とも言われています。
100%の愛情がヤマトに注げなくなる状況は続けたくないので、ここは心を鬼にする覚悟なんですが…
Posted by たつもとちまき at 2007年03月31日 21:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。