2007年04月23日

教育的指導

. 最近は写真撮っている余裕がないので、蔵出し画像ですm(_ _)m

ヤマトとフクちゃんの和平が成立したと思ったのもつかの間、あまりものフクちゃんの傍若無人さにヤマトの「教育的指導」がちょくちょく入っています。

猫達の事は猫同士に任せておこう、とは思うものの、フクちゃんが袋小路に追いつめられてしまわない様にと言う点だけはちまきが監視しています。
ヤマトも「気にしないモード」の時もあれば「気に入らないモード」の時もある様ですが、基本的にはフクちゃんがヤマトの物(トイレとか食器とかちまき(私はヤマトの物なのか?)とか)を使うのが許せないみたいです。

フクちゃんは一応ヤマトの事を「怖い存在」と認識する様になったのですが、それでもとてもチャレンジャーなフクちゃんの事、堂々とヤマト部屋に入って行ってはヤマトの癇に障る様な事をします。
おかげでちまきも猫達の監視に明け暮れる始末。

先日は、組合の会合にビラを持参して営業して来たのですが、その時に「後の子が堂々としていて先住猫が怒るでしょ。でも、2〜3か月で落ち着くから、心配いらないよ」と言われてしまったのですが、本当にそれに期待してもいいのかなぁ?


posted by chimaki at 07:50| Comment(2) | TrackBack(0) | ヤマトのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
せっかく和平が成立したと思っても、中々簡単にはいかない
のですね…。にしても
>食器とかちまき(私はヤマトの物なのか?)か)を使うのが許せない
というのに笑ってしまいました。ヤマトさんにとってはちまき様は
「自分のもの!」なんですね〜(笑)。

完全に仲良くなるのを期待するのは難しくても、落ち着けば
それでいいんですよね。期待しましょう★
Posted by さだ at 2007年04月23日 21:36
さださん>
ヤマトもフクちゃんも、ちまきの事を「自分の物」と思っている様です。だから困っちゃうんですよねぇ。
ヤマト本位でいるのですが、いつまでもこの状態が続くとフクちゃんが浮かばれません。
Posted by たつもとちまき at 2007年04月24日 09:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。