2008年01月28日

血液検査

今日は、ヤマトとフクの2にゃんを連れて、病院へ行きました。
ヤマトは先月の血液検査での肝臓の数値が、その後どうなったかを確かめるため、フクは5週間にも渡るノラ生活で、エイズや白血病のウィルスを拾ってないかどうかを確かめるためです。

今日は二代目先生がお留守の様で、先代先生が一人で応対してました。

まずはフクが先に診察室へ。
「えっとねぇ、感染してから検査できる様になるまでの期間には諸説があってねぇ。2週間とも2か月とも言われてるからねぇ」
要は、まだ保護してから2週間では、検査しても無意味かも知れない、と言うのです。
4月頭にはワクチンもあるので、結局は検査はその時にする事となりました。

爪の状態ですが、まだ右手を痛がる事もあるので、それを見せようかと思ったら…今日は痛いのよりも怖い方が大きい様で、全然悲鳴を上げない…
その程度なら、と言う事で、こちらも診察ナシ。結局フクは連れて来られた損で終ってしまった…

次いでヤマトが診察室へ。
いつも通り太ももから採血。

ちまきが待合室で待っているうちに二代目先生が回診から帰って来て…何やら診察室内で2人の医者が議論を始めてしまい…
血液検査の結果
項目2008/012007/122006/12基準値単位意味
RBC752749820580-1070×10000個/μl赤血球数
WBC12714611460-180×100個/μl白血球数
PLT332296119100-g/ml血小板
Hgb13.812.914.08-15g/dlヘモグロビン
PCV38363630-45%赤血球体積率
MCV50.548.143.930-45fl平均赤血球容積
MCH18.417.217.112-18pg平均赤血球血色素量
MCHC36.335.838.932-36g/dl平均赤血球血色素濃度
TP9.89.48.05.1-8.0g/dl血清総蛋白
GLU11811311571-148mg/dl血糖
BUN26.524.23017.6-32.8mg/dl尿素窒素(腎臓)
Cre1.31.51.60.8-1.8mg/dlクレアチニン(腎臓)
NH3-52-23-78μg/dlアンモニア(腎臓)
GPT4728146222-84IU/lトランスアミナーゼ(肝臓)
GOT221397-18-51IU/lトランスアミナーゼ(肝臓)
Alb3.43.33.32.3-3.5mg/dlアルブミン(肝臓)
TBIL-0.3-0.1-0.4mg/dl総ビリルビン(黄疸)(肝臓)
ALP976910538-165IU/lアルカリホスファターゼ(すい臓)
TCol16514720789-176mg/dl総コレステロール
結論から言って、前回同様「何がどうなってんだかわからない」
前回がGPT800などと言うとんでもない数値が出ていたと言う事から、ある程度の可能性の絞り込みは出来るのだそうですが、今回はそれがだいぶ下がったと言う事で、これまた色々な可能性が減るのだそうです。
でも、肝臓が深刻に病んだ時に引きずられてダメダメになるはずの他の数値が、ヤマトの場合は至って正常なので、肝硬変だの脂肪肝だのも該当せず…
肝ガンの可能性もあるんだかないんだか…
一番疑ってもいいのは、胆管詰まりなんだそうだけど、その割には元気有り余ってるし…

単なるストレスなのかなあ、とか、やっぱり変な物を拾い食いしているのかもなぁ、とか、ひょっとして便秘で糞の毒素が逆流していやしないか、とか、原因としてはその辺しか思いつかないって感じらしい。

そもそもGPTが高いのが本当に肝臓が原因なのかどうかも、この数値からは判断つかない、との事なんだそうです。(他の値が健康そのものだから)

どうやら慢性らしいと言う事+症状もなく元気なので、強肝剤の投与もあまり意味がないなぁ、と言う事で、今回は薬の投与は見合わせました。
年齢も高齢なので、無理に色々原因を探りながら手当してもしょうがなかろうと言う事もあり、引き続き経過観察、と言う事になりました。

あ、ちなみに、「高齢猫でGPTが200台って、割に普通だよ」とも言われました。
その倍の値だ、と言う事で、この値が出ていて元気でも、特別不思議ではないけど、との事でした。

ちまきも、ちょっとこの辺の事についてお勉強してみようかと思います。
ネットでチラッと見てみた所、ヤマト同様にGPTの謎の乱高下に悩む猫が、少なからずいるみたいですね。

ついでに、いつものラキソベロン(便秘薬)をもらって、今日は終了となりました。

今日の医者代
血液検査 6,300円
便秘薬 1,050円
合計 7,350円

…再診料が抜けてますね。


posted by chimaki at 20:34| Comment(7) | TrackBack(0) | ヤマトのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お二人とも大事に至らずよかったですね
特にふくちゃんは何で連れてきたんだよ〜〜〜って思っているかも
先生は良心的ですね
チビの先生はオーナーと若い先生です
若い先生は再診料1000円を取りますが無意味な治療はしません
オーナーは再診料無しですが予防用にと薬が減りません。
でも高くなったらまけてくれます
チビの為にどっちがいいのかな・・・
Posted by murasakiiro at 2008年01月29日 12:23
なにはともあれ大事なくてよかったです。

ヤマトさんの数値…やっぱり人間とは違うってことなんでしょうか。
GPTとGOTが両方とも下がるってあんまり人間では聞かない気が
するんですが。あ、そうでもないかな(汗)。素人考えでは、
白血球の数が減ってるってことは細菌とかガンとか、考えなくて
いいような気がするんですが。

我が家は血液検査したことないんですが、今年はむーも9才に
なるし、した方がいいんでしょうか。ダンナは「特に問題なくて
元気ならストレスになるだけだよっ」て言うんですけど。
こちらで適格な判断(診断)されているのをみると
やった方が
いいのかなぁとか。悩む〜orz。
Posted by さだ at 2008年01月30日 23:46
murasakiiroさん>
この診療所の場合は、親子して医者としての診断の考え方が正反対なので、いつも議論になっちゃって、横から聞いていると「セカンドオピニオン」になってしまっています。それがいい所なんだけどね。
再診料は、今回は取り忘れたんでしょうね。

さださん>
GPT470と言うのは一大事のはずです。
何が起こっているのかわからないので(見た目は元気そうなので)とりあえず保留と言う状態なんですね。爆弾抱えていそうで、ちょっと怖いです。
Posted by たつもとちまき at 2008年01月31日 10:29
久しぶりに見せてもらいにきました
ふくちゃん帰って来たんですねぇ〜
よかったわぁ〜
ヤマトちゃんのスリスリタオルが効いたんですにゃ!

お年賀の挨拶もまだでした
ふくちゃんご帰還と合わせて「おめでとうございます!」
Posted by Nekomata at 2008年02月02日 08:47
Nekomataさん>
なし崩し的に年末年始がハッキリしないまま現在に至っちゃいました。
しょうがないから、旧正月でも祝うかなぁ…
Posted by たつもとちまき at 2008年02月02日 15:25
ふくちゃんはどうなったかな〜と人様の事ながら気になっておりました。
ひさしぶりに拝見させていただき、今更ですが無事戻ってきたのを知り、大変嬉しくブログ見てニンマリさせてもらいました〜!ちまきさんお母様そしてふくちゃんお疲れ様でした。
以前コメントさせてもらった時はあまり書かない方が良いかと思い伏せたのですが実は私は二度ネコに失踪され1回は見つかり、1回は交通事故で死んでしまったことがあったので・・・本当にふくちゃんが無事で嬉しいです!
たくさん甘えてリラックスして健康になってね♪ふくちゃん♪
Posted by nibe at 2008年02月12日 10:05
nibeさん>
おかげさまで、フクも順調に太って来ています。
順調すぎるかも…
Posted by たつもとちまき at 2008年02月12日 11:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。