2008年06月22日

どうやら肺炎の様です

昨日、医者から帰って来てからしばらくはちょっとだけ元気を取り戻したヤマトだったのですが、夕方には再び寝た切りになってしまいました。
以来丸1日、ずっと寝た切りです。

発熱は…昨日の朝が40.3℃だったのが、夜には39.3℃、今日の昼が38.8℃と、順調に下がっているので、峠は越えたのかなぁ、とは思うけど…

母上(←人間の看護士のOG)が聴診器で診察してみた所、昨日までは異常はなかったものの、今日になって呼吸に雑音が混ざる様になったとの事です。つまり、肺炎になっちゃったらしいと言う事。

で、素人診断ではあるものの、原因がはっきりしたと言う事で(風邪だね)。もっとも、内蔵の何か深刻な病気が体力を奪って、それで感染症にかかった可能性も、まだ否定されたわけではないけれど…

薬や水を飲ませる時に激しく抵抗する力強さは残っているし、心音も極めて良好だし、体重も充分なので、体力的にはまだまだ頑張れそうだと思う反面、飲まず食わずの状態が数日になると言う点(特に、水を飲もうとしないのが、一番不安)と、全く生気がないと言う点が、はたして持ち応えてくれるかどうか微妙だなぁ、と言った感じです。

老猫だからなぁ…
「明日かも知れない、10年後かも知れない」とは常々思っていたんだけど…

回復して再びフクをしばき倒す様になるのか、それともこのままお迎えが来てしまうのか、五分五分なのか、って気がしています。

今日はいつもの医者は休診日だったのですが、実は朝のうちだけ臨時で開くと言う情報を、昨日、隣の診察台の畜主と医者との会話でキャッチしていたのでした。
で、今日はよっぽどか連れて行こうかと思ったのですが、思い直して明日まで頑張れそうだなと思って見送る事にしたのですが…

半日置きに、注射器で数mlずつ水を飲ませてはいるのですが、やっぱり脱水症状に陥って状態が悪化するのが心配です。
どちらにしろ、明日は朝一番で点滴(水分+栄養補給)をお願いしに行こうと思います。
一方のフクなんですが…

ちまき家の中の全てがヤマト中心に回っている状況になってしまい、フクはイジケまくりです。
いろんなポーズをしてみたり、まとわりついてみたりして、一生懸命に自分に関心を引こうと努力しています。

普段はあんなに構われるのが嫌いな子なのにねぇ。


posted by chimaki at 20:10| Comment(5) | TrackBack(0) | ヤマトのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヤマトさん…。

高齢は高齢でも、まだまだそんな年ではない、はず!! ちょっと前
まで元気だったんですもの。回復して、(大)フクさんをしばきたおす
様になれることを祈ります。

がんばれ!!

(大)フクさん、ちょっとだけ我慢してね…。
Posted by さだ at 2008年06月22日 21:52
ヤマトくん、熱が下がっているみたいで良かったです。
まだまだ若いから、少し静養していれば大丈夫ですよ。
フクちゃん、イジけているんですか〜。
らしくないけど、カワイイですね。
Posted by lovemaro at 2008年06月22日 22:18
こんばんは。。
ヤマトくん、風邪なんですね・・・
人間でも体調崩しやすいですもんね。
暑かったり雨で寒かったり…。
早く良くなってフクちゃんがまた
「ほっといてよ」って言うくらい
注目を分散できる日がくることを
お祈りしてます。
Posted by 344(アチャママ) at 2008年06月22日 23:02
ヤマト君、がんばって、乗り越えて欲しいです。
熱より、動物は、食事や水分が取れない脱水症状の方が本当に怖いので、是非、明日、(本日かな)病院、いってみてくださいね。
後は、動物の脅威の回復力がありますよ!!がんばれ〜〜
Posted by かねこみみ at 2008年06月23日 01:20
みなさま、ありがとうございます。

容態は、悪くはならないけど良くもならないと言った感じがずっと続いています。
意外なほど長丁場になってしまいました。

今までは本にゃんの治癒能力を助ける段階だったのが、そろそろ次の段階…原因を探る段階に移る事になるかと思います。
Posted by たつもとちまき at 2008年06月24日 08:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。