2008年06月29日

ちょっとずつ

飲み食いしないヤマト…
まずは、水を飲まないのは輸液をしているからだろうと言う事で(水を飲まずに脱水症状になったから輸液をしていたんだけど、タップリ輸液するもんだから水を飲む必要がなくなっちゃっていた)

おとといは医者をお休みしてみました。
ちょっと乾かして自ら水を飲んでもらう様に仕向けてみよう、と。

おとといは、ひと口ふた口飲んではやめる、そんな飲み方をしました。いつもみたいに、一気には飲めないみたい。

食事も鼻先に猫缶を差し出すと、ひと口ふた口だけ食べる様になり…

まずまずの傾向で、危機的状況には思えないので、
昨日も医者をお休みにしてみました。

昨日の夜には、普通に水が飲める様になりました。
ただし、昨日の段階では、まだちょっとずつしか食べ物を食べられなかったのですが…

今日になると、ちょっとずつしか食べられない事には違いはないものの、盛んに「メシくれ!」と要求する様になりました。
わずかずつしか口に出来ないので、与える回数をめいっぱい多くしています。

まだ、1日に猫缶(ミニ缶)1缶ちょっとしか食べられないのでカロリー的には全然足りないのですが、もう元通りと思っていいのかな?

人間達も、看病モードから観察モードへと移りました。ようやくこれでゆっくり寝られるよ。(いや、仕事がどっちゃりたまっちゃったから、やっぱり寝れないかも)

今日は久々に「羽交い締めネコキック噛みつき攻撃」も出ました。元気と言えば元気なんです。
ただ、今の食事量では確実に痩せる一方なので、その辺をどうやって工夫して太ってもらおうか…と。

あちこちのブログで見かける「老猫をどうやって太らせるかで苦労する」そんな時期が、ちまき家にもやって来たのかも知れませんね。

抱き上げると「おぉぉ! 軽い!!」です。それでもまだ5kgあるんですけどね。


posted by chimaki at 21:09| Comment(20) | TrackBack(0) | ヤマトのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヨカッタ!
ひとまず安心しました。
ちまきさん、ゆっくり休んでくださいね。(・・・・って、休めない? 笑)
Posted by SEKI at 2008年06月29日 21:30
SEKIさん>
老猫の域に入ったから、出来るだけ太ってもらおうと思って、一生懸命食べてもらっていたのが功を奏して、今回乗りきれたなと思います。一気に脂肪貯金を使い果たしてしまいましたが…

一方、フクには痩せて欲しいんですけどね。
Posted by たつもとちまき at 2008年06月30日 09:19
久々に訪問したらヤマト君が大変な事に・・・
でも快方に向かっているとのことで本当に良かったですね。早く食欲が出てくれるといいですね。

我が家の黒猫・サスケは例年どおり蚊アレルギーで両耳がボロボロです。夏の間は仕方がないのですが・・。体重は7キロです。こちらは蚊も関係ないみたいです・・。
Posted by さあや at 2008年07月01日 07:28
一安心、ってとこですか?
食べれるようになったっていうことにはほっとしましたw

老猫ちゃんは、太ってたほうがいいんですか・・・
うちもカラダは大きいけど、太ってるかどうかはギモン・・・・・うーん・・・勉強しなくちゃ。。
Posted by みかこ at 2008年07月01日 18:35
さあやさん>
庭がフクのなわばりになっちゃったんで、ヤマトはあまり外に出してもらえなくなっちゃいました。おかげで、蚊の被害はそんなにすごくはない様です。

みかこさん>
人間でも同じなんですが、大病をした時は太めの人の方が病気を耐え抜きやすいので。
よそのブログ見ていると、小食になってしまい体重計とにらめっこの毎日になっちゃう老猫が多い様なので、気をつけています。
Posted by たつもとちまき at 2008年07月04日 07:08
初めまして!お聞きしたいのですが、2003年ぐらいにツバメの飼育日記を書いた方でしょうか?失礼な質問すみませんm(__)m
Posted by あみ at 2008年07月04日 11:59
あみさん>
その通りです。
当時はライコス日記だったか楽天日記だったか…どちらにしろ、当時以降にここにお引っ越ししています。
Posted by たつもとちまき at 2008年07月04日 14:40
返事ありがとうございますm(__)m実はツバメを拾ってしまいました。いけないことと分かりながら見捨てられずに…羽をはばたかすぐらいに成長したツバメです。ミルワームとカルシウム・ビタミンをあげているのですがこれだけで大丈夫なのでしょうか?(>_<)
Posted by あみ at 2008年07月04日 17:12
あみさん>
可能なら、羽虫をつかまえて来て与えた方がいいと思うのですが…これがなかなか難しいんですよね。

体重が増えているか、減っていないかどうかをチェックして下さい。

1番子なので、ちまきの保護した子と違って時間的余裕があるので、放鳥目指してがんばって下さい。
Posted by たつもとちまき at 2008年07月05日 07:49
他のサイト見て思ったのですが、私が拾ったのは巣立ちヒナというヒナかもしれません。もう部屋の中を飛び回れるし…あのまま放置していれば親鳥が助けていたのかも…巣があった場所で放鳥しても、もう親鳥はヒナのこと忘れてるのでしょうか?あと放鳥の時期やタイミングもさっぱり分からないし…地域は広島です。なんかブログに関係ない話ばっかりすみませんm(__)m
Posted by あみ at 2008年07月06日 06:31
あみさん>
放鳥して親鳥に巡り合えるかどうかは、よくわかりません(ダメなんじゃないかなぁ?)。放鳥のタイミングは、エサを自分で取れる様になればOKです(本物の虫を使って訓練しなければなりません)。ツバメがいっぱい飛んでいる所に放てば、そのツバメ達がサポートしてくれます。1番子なのでタイムリミットまでまだ2か月も時間があります。
Posted by たつもとちまき at 2008年07月06日 07:53
難しそうですね。虫を投げてキャッチできれば放鳥してもいいと書いてあったのですが、あと2ヶ月で覚えてくれるかどうか心配ですm(__)mまた分からないことがあれば聞きにきてもよいでしょうか?(>_<)
Posted by あみ at 2008年07月06日 12:53
あみさん>
私の場合は訓練を始める前に時間切れになってしまったので、ノウハウは全くありません。わかる範囲でなら、お応え出来ますが。
Posted by たつもとちまき at 2008年07月06日 14:37
猫友スタッフのいちねこです。
さきほどメールさせて頂きました。
ご確認くださいませ。

Posted by いちねこ at 2008年07月08日 11:36
いちねこさん>
せかしすぎです。
てか、迷惑メールフォルダに入ってた…
Posted by たつもとちまき at 2008年07月09日 09:19
私もせかします(笑)
ここ2週間で3通ほどメール送ってます。
目を通して下さいね。
Posted by tszk at 2008年07月11日 01:51
ヤマトくん、ちょっと落ち着いたようですが心配ですね。
でも、ちまきさんが元気がないと
ヤマトくんも心配すると思うので、お体大切にしてくださいね。
Posted by たままるうどんしま at 2008年07月13日 00:22
tamamaruさん>
とっちらかっていて更新している暇がないけど、ヤマトは元気です。
Posted by たつもとちまき at 2008年07月15日 19:12
しばらくご無沙汰しているあいだに、ヤマト君が大変だったのですね。回復してきてよかったです。
Posted by ネイバー at 2008年07月20日 10:58
ネイバーさん>
無事に回復しました。ありがとうございます。
Posted by たつもとちまき at 2008年08月06日 01:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。