2011年01月25日

フクの霍乱

1/15(土)
ちまきが鈴鹿に行く。どうやらそこで感染をしてしまったらしい。

1/18(火)
ちまきが発症。熱っぽくて、悪寒がして、吐き気がする。何よりも吐き気が辛い風邪だった。

1/19(水)
母上が発症。吐きまくる。フクが下痢をする。

1/20(木)
朝、フクが下痢に加えて吐く様になる。吐く間隔が時間と共にどんどん短くなって行く。夜にはすっかりグロッキー状態に。
と言うわけで、丈夫だけがとりえのフクが、風邪を引いてしまいました。
フクが辛そうなのは心配なんだけど、それ以上にヤマトに伝染ったら命にかかわるので、そっちも心配になってしまって…

20日の晩はちまきが徹夜でフクの看病をし、21日に病院が開くのを待って、いつもの医者に連れて行きました。
ちまきはこの日は仕事の都合上、時間が自由にならないので、母上が連れて行く事に。

病院では「何だ、今日はヤマトじゃないんだ」とか言われたらしい。
「腹を冷やしたのか?」との診断で(人間の風邪との因果関係は不明)、水分補給の点滴+吐き気止めの注射+ビタミン剤の注射+吐き気止め錠剤3日分と言う処置になりました。

# 体重は6.8kgでした。

医者に行った後は、吐き気はピタリと止まったものの、何も食べずに寝てばかりの状態が続きました。それも、23日の夕方には全快。

おとなしいフクは、手間がかからず可愛いもんだなとか、思ってしまった。元に戻ってしまって「こん畜生」ですよ。
ヤマトも、フクが寝込んでいる間は、自分の天下を満喫していました。しかし、人間がフクにかかりっ切りになってしまったので、ヤキモチもすごかった。ベタベタの甘え猫になっていました。


posted by chimaki at 09:32| Comment(2) | TrackBack(0) | フクのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タイヘンでしたね〜…。なんとか無事に収束したみたいで
なによりです。

「弱っているからかわいいわ」というサイバラリエコ先生の
『毎日かあさん』の中の息子についての感想みたいだなーと
ちょっと笑ってしまいました。そういうもんなのかなぁ(笑。
Posted by さだ at 2011年01月29日 22:01
さださん>
普段丈夫な子だからこそ、そんな不謹慎な事を思うのでしょうね。
でも、本当にかわいかったんだよ。
Posted by たつもとちまき at 2011年01月29日 23:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。