2013年09月02日

裏の家の仔猫

ここ数カ月、フクがしきりに外に出たがって仕方ないんですが、その原因が、これ
木登りモカちょっと前まで仔猫だと思ってたモカ殿も、すっかりやんちゃ盛りに育ってしまって、この有り様。これは「木に登ってみたけれど降りれなくなってしまったの図」
窓際フクそれを見つけたフクは、当然気が気でないです。
裏の家のクロ嬢&モカ殿は外出自由猫なので、庭でよく遊んでいます。その様子がうちから見えるんですね。それで、フクも2にゃん相手にフーシャーしたくて仕方ないみたいで。
午前中はずっと玄関先(裏の家がよく見える)でヒモ猫になるのが日課になっています。
posted by chimaki at 20:21| Comment(2) | TrackBack(0) | フクのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちはー。ご無沙汰してます。

ややっ!かっけー!!…けど、こんな猫さんいたっけ?と思ったら
裏のおうちの猫さんでしたか。うーむ。かっこいいですねぇ。
でも「降りられなくなった」って…? ちまき様がもしかして
おろしたのでしょうか。あ、上っている木はそのおうちの木?

で、フクさん。元気でなによりです。そりゃー木になるじゃなくて、
気になりますよねぇ。がんばれー。負けるなー。でもケンカは
ダメだよー(笑。
Posted by さだ at 2013年09月08日 16:08
この木は、モカ殿の家の隣家です(ちまき家の真裏)。
しばらく降りれずにウロウロしてたんですが、最終的には頭を下にして幹にしがみつき、そのままなすすべもなくズルズル落下しました。

彼らはちまき家の庭には入って来ないのでいいのですが、フクはあちらの庭に行く事はあるので、事故が起こらない様に重々注意しています。
Posted by たつもとちまき at 2013年09月11日 09:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック