2016年11月30日

子猫を拾う 10月4日>中央分離帯の猫

キャリーの中の子猫それは台風の前の日、仕事からの帰り道、日も暮れて暗くなった頃でした。片側3車線の道路で信号待ちしていたら、どこからか猫の鳴き声が聴こえて来たんです。道路の向こう側にでも猫がいるのかなと目で追ったのですが、ふと目を下ろすとそこに毛玉が丸まっていました。自車のすぐ真横の中央分離帯の草むらで、何も考える間もなくとっさにハザードランプを点けると車外に出ていました。
手を伸ばすと予想に反して毛玉はすり抜け、このまま車道に出たら事故ると思ったので2手目はかなり力づくに強引に押さえつけ、子猫を拾い上げました。この時、右手に深々と刺し傷が4本できました。
後になって考えると、車道を経ずに中央分離帯に至るルートがない事と、この面積では哺乳類が生活して行けれるだけの資源がない事から、捨て猫だったんだと思うのですが、それにしてもどうして中央分離帯に捨てるかなぁ、と。
自宅に着くと、車内に放り込んだ子猫の行方がわからない。シートの下にもぐり込んでいる所を発見し、手を伸ばすも失敗。車内を縦横無尽に逃げまくったと思ったら、コンパネの中に入り込んでしまい、これまた強引につかんで引きずり出す事に。この時、左手に深々と刺し傷が4本できました。
両手の中に収まる大きさの三毛猫でした。

とにかく攻撃的で、ヒトを見るとフーシャー吹く始末なので、最初のひと晩はキャリーの中に押し込めて過ごしてもらいました。
ただ、いつまでもキャリーの中と言うわけには行かないので、翌朝にありあわせの材料でゲージを建設し、そちらに移しました。
猫砂を用意したのですが、まだその使い方は理解できない様子。ただし、ペットシートの上で用を足す習慣があり、それを見て「この子は捨て猫だ」と確信しました。
捕獲後24時間経って、ようやく触れるまでになり、ひと通りメディカルチェック。屋外生活猫にしては健康状態はきわめて上々でした。濡れティッシュでグルーミングしてやる事も出来る様になりました。
インターネットで検索して、生後5〜6週頃と判明。この時から食事やしつけ方もそれに合わせました。

posted by chimaki at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミコのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする